社会不安障害(社交不安障害)とは?

助け合う気持ち

不安が募り、人の目が気になってしまう

 

社会不安障害(SAD)とは、パニックが引き起こるパニック障害、不安がずっと続く全般性不安障害、強迫観念に襲われる強迫性障害と並んで分類される不安障害の一種です。社会不安障害は社交不安障害とも言います。人から注目されるような場面で誰しもが不安や緊張を感じますが、次第に慣れていき、日常生活に支障をきたすことはありません。

 

他の精神疾患を併発する恐れが有るので早めの対処を

 

ですが、社会不安障害(社交不安障害)の方はその不安をより強く感じ、震えや吐き気など、様々な症状が身体にまで現れます。こうした症状を恐れるがあまり、次第に人を避けるようになり、日常生活に多大な影響を及ぼすことになります。社会不安障害を発病すると、鬱病やパニック障害など、ほかの精神疾患(精神病)を併発する確率が非常に高いため、早めに専門医の診断を受けることが大切です。

社会不安障害(社交不安障害)を克服する方法

社会不安障害(社交不安障害)の原因は?

 

脳内の神経伝達物質で、精神を安定させる作用のある「セロトニン」などのバランスが崩れることにより、神経が過敏になり、不安感や恐怖心、緊張感が強まってしまうとも考えられていますが、発症の明確な原因はまだ解明されておらず、世界中で研究がすすめられています。

 

 

社会不安障害(社交不安障害)を克服するためにはどうすればよいか?

 

社会不安障害の治療には薬物療法と精神療法があります。薬物療法では不安な感情を抑えることにより、人を避けるなどの回避行動を減らしていき、身体的症状の緩和を図っていきます。精神療法には、不安が生じるメカニズムを学び、不安を引き起こす誤った認知を修正していく「認知療法」や、不安症状を引き起こす状況に自ら飛び込み刺激を促す「行動療法」などがあります。薬とともにこういった行動療法などの訓練を行っていくことで社会不安障害は克服できる障害です。

 

社会不安障害と薬

診察中の看護婦さん

社会不安障害に効く薬は?

 

主な治療薬として、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という新しいタイプの抗うつ薬があります。SSRIは脳の中のセロトニン量が減少するのを抑え、感情を安定させる働きがあり、緊張する場面でもそれまでのような強い緊張は感じなくなります。症状が改善した後も一年程度は薬の服用が必要です。またSSRIの効果が現れるまでの一定期間に併用されることがあるのが抗不安薬です。抗不安薬は即効性があり、パニック障害やストレス障害などの治療にも用いられることが多い薬です。

 


○社会不安障害になったら仕事はどうする?

仕事を辞めるかどうするか・・・

仕事をする上で電話応対や営業、プレゼンテーションなど緊張する場面は多いため、社会不安障害(社交不安障害)の方は働くことに大きなストレスを感じてしまい悩んでしまう方が多いようです。現在の社会ではなかなか精神疾患に対して理解のある会社は少なく、病気のことを受け入れて仕事を振ってくれるような場所はなかなかありません。 ですが、生きていく上で働かないわけにはいかず、せめぎあいに苦しんでいる患者さんがたくさんいらっしゃいます。社会不安障害は治療すれば改善していく障害ですので、専門医やカウンセラーとしっかり相談をしながら、治療を続けていくことが非常に大切です。工場の流れ作業や入力の仕事など、人との関わりが元々少ない仕事を選んでみるのもストレスが少なく、社会不安障害の方には有効な手段です。自分ができる範囲で積極的にチャンレンジしていきましょう。

追記・・・・

最近は精神病鑑定にはDSMという基準が使われています。これは不安障害やパニック障害など、社交不安障害以外のものにも使われるものです。また現在の精神病というものは原因がはっきりとはわかっておらず、セロトニンが関係するとされている不安障害、ドーパミンが関係するとされている統合失調症、どれも結局は原因不明のところもあります。ですから薬物などの投薬療法は意思の適切な判断で行われるべきで、薬を過剰摂取べきではなく、社会不安障害を克服するためには精神療法など他の療法も組み合わせたほうが良いと思います。精神医学はまだまだ未知の部分もありますのでこれからの発展を見守りたいと思います。

Copyright © 社会不安障害(社交不安障害)を克服する方法 All rights reserved